2018年 6月 23日 (土)

カジュアルな新しい寿司のスタイル「むすびずし」 ファミマとミツカンが共同開発

印刷

   ファミリーマートは2014年12月9日から、Mizkan(ミツカン)と共同開発をしたおむすび型の寿司「むすびすし さばちらし」(130円)と「むすびすし サーモンマヨ」(140円)を販売。価格はいずれも税込み。

   「さばちらし」はこんがりと焼きあげた鯖のほぐし身と錦糸玉子、生姜、ゆず風味の青菜を、胡麻を混ぜ込んだ酢飯と合わせ、おむすび型に成型。鯖は醤油やみりん、酒などのつけダレに漬け込むことで、しっかりと味付けされている。

   「サーモンマヨ」は、さっぱりとした酸味や甘みをもつサーモントラウトに、玉ねぎのみじん切りを混ぜ込んだマヨネーズを合わせた一品。昆布ダシ、りんご果汁などを加えることでまろやかな味わいに仕上がっている。

   北海道や沖縄、関西などの一部店舗を除く全国のファミリーマートで取り扱う予定。

  • 上が「さばちらし」、下が「サーモンマヨ」
    上が「さばちらし」、下が「サーモンマヨ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中