2019年 11月 16日 (土)

クリスマスの名曲は、猛暑の中で作曲された?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   日本はよくも悪くもアメリカの文化に多大に影響されている、というのがヨーロッパに暮らしていた時に感じた感想です。日本からは「欧米」といって、欧州と米国をひとくくりにまとめて表現することも頻繁にありますが、政治・宗教・文化・言語・風習、そして街の風景も、ヨーロッパとアメリカでは、大きく違います。そして、欧州のほうがアメリカよりも、日本に近いと思うこともしばしば...。つまり日本の「欧米風」という概念は、実は多分に「アメリカ風」なのではないか、と感じることも少なくありません。

   クリスマスもある意味、その典型でしょう。赤白衣装のサンタクロースが、大きなプレゼントを抱えてあらわれ、ディナーの食卓には、七面鳥ならぬアメリカ・ケンタッキー州発祥のフライドチキンがケーキとともに並んでいる...という構図は、それを象徴しています。もっともチキンは、日本の独自解釈で、欧米人には、「なぜファーストフードが!」とよく驚かれます。

   そんな、アメリカ型クリスマス、の日本でも、よく耳にする曲が、今日の曲、ルロイ・アンダーソンの「そりすべり」です。

  • 「SLEIGH RIDE(スレイ・ライド=そりすべり)」の楽譜とスノードーム
    「SLEIGH RIDE(スレイ・ライド=そりすべり)」の楽譜とスノードーム

ルロイ・アンダーソン「そりすべり」

   この曲の出だしの軽快な響きを聴いただけで、クリスマス気分が盛り上がります。オーケストラの中のブラスアンサンブル...金管の合奏が、華やかなクリスマスの風景にぴったりです。金管の活躍するオーケストラ作品は、アメリカのライト・クラシックと呼ばれる分野に多く、アメリカが発祥の遊園地などでも多く流れています。

   作曲家ルロイ・アンダーソンは、ユーモアあふれ、華やかな、数々の名曲をつくりました。「ジャズ・ピッチカート」「トランペット吹きの子守歌」「トランペット吹きの休日」「踊る子猫」「シンコペイテッド・クロック」...現在も親しまれている名曲の数々を多くの方がご存知でしょう。

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!