ダイハツ「ムーヴ」フルモデルチェンジ 軽量高剛性ボディで低価格・低燃費実現

印刷

   ダイハツ工業は、軽乗用車「ムーヴ」をフルモデルチェンジし、2014年12月12日に発売した。

   1995年に初の「スペース系軽乗用車」として誕生した同社の基幹車種のひとつ。

   「次世代ベストスモール」を目指して開発された新型ムーヴは、軽量高剛性のボディ骨格構造や足回りの改良により、基本性能の大幅な向上や軽量化による低価格・低燃費31.0km/Lを実現した。

   さらに、軽では初となる先進技術「後方発信抑制制御機能」を衝突回避支援システム「スマートアシスト」に搭載、また、カラーマルチインフォメーションディスプレイをはじめとする、快適で便利な機能も搭載した。

   カスタムには最上級グレードの「ハイパー」を新設定、迫力と上質感を極めた新デザインが印象的。

   メーカー希望小売価格は、113万4000円(税込)~179万2800円(同)。

  • 軽量高剛性ボディで迫力と上質感を極めた
    軽量高剛性ボディで迫力と上質感を極めた
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中