米ビーツのカプセル型スピーカー「ピル」の大型モデル 軽量でハンドル付き、どこでも高質サウンド

印刷

   アメリカのオーディオメーカー、Beats Electrnics(ビーツ・エレクトロニクス)は、Bluetoothスピーカー「Pill(ピル)」の新ラインアップ、「Beats by Dr.Dre Beats Pill XL」を、2014年12月16日に「アップルストア」「アップルオンラインストア」で先行販売を開始。全国のBeats正規販売店で12月18日に発売。価格は3万円(税抜)。

  • カラーはブラックのほか計5色ラインアップ
    カラーはブラックのほか計5色ラインアップ

パワフルサウンドを気軽に持ち歩ける

   先行モデルよりもサイズアップし、よりパワフルなサウンドになった。持ち運びに便利なハンドルを装備し、大型でも軽量なので気軽に持って歩き回れる。好きなところでいつでもハイクオリティーなサウンドを楽しめる。

   スマホや携帯プレーヤーなど、再生機器との接続にはBluetoothを使用。いったんペアリングが完了すれば、電源を入れるとすぐに接続できる。同製品を2台ペアリングすると、ステレオスピーカーとしても使えるようになる。様々な操作は中央の「B」ボタンで行う。再生中に1回押すと一時停止、2回押すとスキップ、3回押すと前の曲に戻る。

   充電式リチウム電池で15時間の連続再生が可能。10分間無操作が続くと自動で電源が切れる。余った電力を、ほかの機器に給電できる。カラーはブラック、メタリックスカイ、ピンク、チタニウム、ホワイトの5色。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中