「N-BOX SLASH」ルーフを低くしクーペスタイル演出 ホンダ軽自動車「Nシリーズ」第5弾

印刷

   ホンダは2014年12月22日、軽自動車「N」シリーズの第5弾として「N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)」を発売した。全国メーカー希望小売価格は138万~188万円(2トーンカラースタイルは151万9400円~193万9400円)。

  • N-BOX SLASH X(FF、プレミアムホワイト・パールII&レッド)
    N-BOX SLASH X(FF、プレミアムホワイト・パールII&レッド)
  • N-BOX SLASH X(FF、スマートブラック)
    N-BOX SLASH X(FF、スマートブラック)
  • N-BOX SLASH X(FF、プレミアムイエロー・パールII&ホワイト)
    N-BOX SLASH X(FF、プレミアムイエロー・パールII&ホワイト)
  • N-BOX SLASH G・Aパッケージ(FF、サーフブルー)
    N-BOX SLASH G・Aパッケージ(FF、サーフブルー)
  • N-BOX SLASH G・Aパッケージ(FF、インテリア:ベージュ)
    N-BOX SLASH G・Aパッケージ(FF、インテリア:ベージュ)
  • N-BOX SLASH G・Aパッケージ(FF、インテリア:ベージュ、リア席)
    N-BOX SLASH G・Aパッケージ(FF、インテリア:ベージュ、リア席)
  • N-BOX SLASH X(FF、インテリアカラーパッケージ:ダイナースタイル)
    N-BOX SLASH X(FF、インテリアカラーパッケージ:ダイナースタイル)
  • N-BOX SLASH X・ターボパッケージ(FF、インテリア:ブラック)
    N-BOX SLASH X・ターボパッケージ(FF、インテリア:ブラック)
  • N-BOX SLASH X(FF、インテリアカラーパッケージ:グライドスタイル)
    N-BOX SLASH X(FF、インテリアカラーパッケージ:グライドスタイル)
  • ラゲッジルーム
    ラゲッジルーム

インテリアはロー&ワイドな空間を強調

   エクステリアでは、「N-BOX」からルーフを100ミリ低くし、これをベースに、リアに向かってルーフラインを絞り、ウインドウラインは逆にせり上げることで、クーペスタイルを演出。ルーフモールやリアピラーガーニッシュ、フューエルリッドなどの各所に金属調の加飾を施している。ボディーカラーは、新色2色を含む全18色(モノトーン全8色、2トーン全10色)をラインアップした。

   インテリアでは、フロントドアから荷室まで、シルバーのビレット調ガーニッシュをレイアウトした直線基調のデザインで、ロー&ワイドな空間を強調した。また、インパネとフロントドアのパネルは同じ色や加飾を採用。ソフトパッドをあしらったドアライニングはシートと同素材とし、シートに包まれたような心地よいプライベート空間に仕上げた。また、本格的な重低音・高音質サウンドを生み出す新開発の上級オーディオシステム「サウンドマッピングシステム」を、X、X・ターボパッケージに備える。

   機能面では、さまざまなシーンで運転負荷の軽減を支援する「電子制御パーキングブレーキ」や、パワーステアリングのアシスト力を切り替えられる「モード切替ステアリング」などを新たに取り入れた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中