【超速報】まだまだあるぞ、「異物混入」事件! シュウマイにグリーンピース、ポテトサラダにりんご、酢豚にパイナップル

印刷

   「異物混入」に揺れる日本の外食業界だが、「異物」の意味を広げると実に多くの「混入事案」がこれまでに報告されている。

   その最たるものは酢豚にしばしば混入するパイナップルだろう。酢豚にパイナップルを入れるは是か非か、数多くの議論が交わされてきた。

画像はイメージ
画像はイメージ

   パイナップルの中にはブロメリン(ブロメライン)という酵素が含まれ、タンパク質の消化吸収を助けたり、肉を柔らかくしたりする。「酢豚にパイナップル」は理に叶った組合わせなのだ。だから「異物」じゃない、とは言えないが...。

   ポテトサラダに入るりんご(みかん)も同様の事例と言える。

画像はイメージ
画像はイメージ

   多くの人がマヨネーズ、果物の組み合わせを「許せない」「塩味と甘味がケンカする」と考えているようだ。「塩キャラメル」流行ったのに...との反論はNG。「あれは別!」と直ちに言い返されそうだから。

   食感と風味の広がりを持たせるために入れ始めたと思われるが、ウケはあまり良くないようだ。

   あと、焼売の上に乗るグリーンピースも「いらない」という人がチラホラ。

画像はイメージ
画像はイメージ

   緑色を加えると彩り豊かになるため、オムライスやカレー、親子丼などには時々グリーンピースが入る。だが、こちらも不評のようだ。

   「異物混入」、探してみるともっともっと見つかるかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中