「クラブツーリズムバスで行く!47都道府県 日本一周の旅 22日間」10の世界遺産など話題の地を探訪

印刷

   クラブツーリズム(東京都新宿区)は2015年1月10日、旅行情報誌「旅の友」西日本版の創刊400号を記念した「化粧台&トイレ付きクラブツーリズムバスで行く!47都道府県 日本一周の旅 22日間」を発売した。

  • 22日間で日本を一周
    22日間で日本を一周
  • 化粧台&トイレ付きクラブツーリズムバス(イメージ)
    化粧台&トイレ付きクラブツーリズムバス(イメージ)
  • バス車内ではスリッパやおしぼりを提供(イメージ)
    バス車内ではスリッパやおしぼりを提供(イメージ)
  • バス車内の化粧台(イメージ)
    バス車内の化粧台(イメージ)

最終宿泊地では感動を分かち合う「さよならパーティ」を開催

   出発日は5月9日。兵庫・姫路、三宮、大阪・梅田、京都八条口のいずれかから乗車できる。

   最初の目的地は、旅行安全祈願で有名な京都の城南宮。ここで祈祷を受けたのち、バスは東に向かって日本海側を北上。6日目にはフェリーで北海道に到着し、函館観光。その後、太平洋側を南下し、一度大阪へ戻り、さらに西へ。18日目には沖縄へ飛行機で移動、22日目には兵庫、大阪、京都の各地に到着し、日本全国を踏破する。

   旅先では、10の世界遺産や7年に1度の御開帳に沸く長野・善光寺、改修を終えた姫路城など、話題の地を訪れるほか、大分・別府温泉や島根・玉造温泉など名湯自慢の温泉地で旅の疲れを癒すことができる。栃木・日光東照宮、広島・宮島、島根・出雲大社などの観光地では、その土地に詳しい案内人が同行し、歴史や文化といった解説が聞ける。

   また、最後の宿泊日の夜には「さよならパーティ」を開催。22日間をともにした仲間同士で旅の思い出を語り合い、47都道府県を踏破した感動が分かち合える。旅の終わりには、記念として「日本一周証明書」が発行される。

   1人あたりの旅行代金は、2人1室で50万円(1人1室10万円増)。最少催行人員は18人。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中