2018年 6月 23日 (土)

FAXデータをクラウド転送 ブラザー「PRIVIO」からビジネス機能搭載タイプ

印刷

   プリンターやミシンなどで知られるブラザー工業(名古屋市)は、インクジェットプリンター「PRIVIO(プリビオ)」シリーズの新製品として、ビジネスに必要な機能を搭載した「MFC-J5720CDW」、「MFC-J5620CDW」、「MFC-J5820DN」の3機種を、2015年1月下旬に発売する。

  • 無線FAX機能搭載モデル「MFC-J5820DN」
    無線FAX機能搭載モデル「MFC-J5820DN」

ビジネスに必要な機能満載

   いずれも、通常インクとの比較で黒は4倍以上、カラーは2倍以上の大容量インクを採用。A4文書1枚あたり、カラー約6.1円(税抜)、モノクロ約1.4円(同)を達成。印刷コストを抑えた。印字スピードはA4カラーが毎分20枚、A4モノクロが同22枚。3.7型タッチパネル対応カラー液晶、有線・無線LANを装備する。

   受信したファクスデータをブラザーのクラウドサーバーを経由し、各種クラウドサービスに転送、保存できる「ファクスクラウド転送」に対応した。外出先での確認、同僚との共有が簡単にできる。

   「MFC-J5820DN」は、コードレス電話子機と無線ファクス機能を備えたモデル。同梱の電話接続ボックス(親機)を電話線に接続すれば、ファクスデータを無線転送できるので設置場所を自由に選べる。

   「MFC-J5720CDW」は2段の給紙トレイを採用し、普通紙500枚まで給紙できる。「MFC-J5620CDW」、「MFC-J5820DN」は250枚まで給紙できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中