壁ドンか顎クイかギャルの好みはどっち 今世紀最大モテ仕草頂上決戦【ギャルウォッチ】

印刷

   女子をドキドキさせる仕草として少女漫画の世界でおなじみの「壁ドン」。最近ではドラマでも見かけたり、「壁ドン」が体験出来るイベントが実施されるなど、今や男性のモテ仕草として確立されつつあります。

   一方、その対抗馬として、今ツイッターなどで話題となっているのが「顎クイ」。「顎クイ」とは、言葉の通り、女性の顎をクイッと持ち上げることで、強引な男性の仕草に胸キュンしてしまうと人気を集めています。

   そこで今回のギャルウォッチでは、今世紀最大モテ仕草頂上決戦! と題し、【好きな男性にされたいのは「壁ドン」or「顎クイ」】について調査してみました。

   まずはギャル達が経験したそれぞれのキュンキュンエピソードについてお届け致します。

  • 二つ同時ならなお…(前田希美@Maeda_Nozomi のTwitterより)
    二つ同時ならなお…(前田希美@Maeda_Nozomi のTwitterより)

◆壁ドン派 強引に迫られる様子がドキドキ感が...

『付き合っているのか付き合っていないのか分かんない関係の時に、いきなり気になるメンズから「俺の女になって」って壁ドンされたんだよね...。あのドキドキ感がやばくて即効OKした覚えがある(笑)』(18歳/高校3年生)

『気になってる男友達も含めて飲み会をしたんだ。その時、トイレで席を立ったら、その彼が廊下で待っていて...。何事もなく通ろうとしたら、突然壁ドンしてきて「今日一緒に帰ろ? なっ?」って...。恥ずかしかったけど、めっちゃ嬉しかった!』(22歳/フリーター)

『彼氏と言い合いになってしまったことがあって...。ムカついて部屋を出ようとしたら、「ちょっと待てよ」って強引に腕を掴まれて、そこから強引にドン!「ごめんな」って言われながら、仲直りキスしちゃいましたー(笑)』(20歳/ショップ店員)

   逃げられない空間においてちょっとしたオラオラ要素を感じられる「壁ドン」。強引に迫られる様子がドキドキ感をさらにアップしてくれるようですね!

■顎クイ派 その流れから思わず...

『バイトのことで落ち込んでたら、彼氏が頭ポンポンしてきて...。それだけでも嬉しいのに、その後「元気出せ」って顎クイ。頭ポンポンからの顎クイはマジでやばいし、彼氏に可愛がってもらっている感じがする!』(20歳/カフェ店員)

『遠距離恋愛ってこともあってその日は3カ月振りに会ったの。嬉しくて彼に抱き付いたら突然、顎クイ...。そんなことされたことなかったし、改札前だったけどキスしちゃった! キスする前の仕草って感じで、そのちょっとした間がヤバイ!』(17歳/フリーター)

『付き合った彼氏と初めてチューするタイミングになって...。恥ずかしくて下向いてたら、いきなりクイッと顎を持たれて、そのままチュー。見つめ合うあの瞬間もキュンキュンしちゃった!』(20歳/大学2年生)

   顎をクイッと持ち上げられる簡単な動作ではあるものの、その後の展開を期待したり、その流れから思わずキスをしてしまうといった意見も...。キス寸前のシチュエーションにはもってこいのようですね!

結果は意外にも...

   では、このような意見が聞かれたものの、最終的に好きな男性にされたいのはどっちなのでしょうか?ズバリ、ギャルの意見はこうなりました!

◆顎クイ...66.7%
■壁ドン...33.3%

   これまで男性から壁にドンと手を付いて迫られることが魅力的だと思われていた「壁ドン」でしたが、圧迫感や威圧感を感じてしまうようで、反対に「顎クイ」は、目と目が合うことで優しさや自分のことを想ってくれている温かい印象があるようです。

   これまではモテ仕草として確立されていた「壁ドン」ではありますが、もはや新旧交代。「顎クイ」が新しいトレンドのモテ仕草としてギャルのハートを掴んでいるようですね。

grp編集長・まぁ~さ

【grp】 grpとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中