2020年 11月 24日 (火)

学生時代だけでなく、一生ついてくる「受験」に打ち勝つ!【書籍特集】

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   受験シーズン真っ盛り。合格祈願グッズも花ざかり。神社のお守りだけでなく、「キットカット(きっと勝つ)」や「うカール」などのお菓子、それに、五角形の「合格(五角)えんぴつ」、「(集中力が)ゆるまない」ねじなど、新聞やテレビで紹介され話題だ。

   とはいえ、受験は自分にとってはもう過去のこと、もはや関係ないという人が多いかも?しかしながら、人は、いくつになっても、いろいろな場でテストされ、評価・選別されているわけで、受験は一生ついてまわるものという考えも成り立つのだ。今回は「受験」をキーワードに、学生さんだけでなく、実は、大人にとっても役立つヒントが詰まった3冊をピックアップ。

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

  • 「謎」の進学校 麻布の教え
    「謎」の進学校 麻布の教え
  • なぜ受験勉強は人生に役立つのか
    なぜ受験勉強は人生に役立つのか
  • YouTube英語勉強法
    YouTube英語勉強法
  • 「謎」の進学校 麻布の教え
  • なぜ受験勉強は人生に役立つのか
  • YouTube英語勉強法

東大合格者ランキング常連校に学ぶ、発想力

   東京大学合格者数で、50年間ランキング10位以内をキープし続ける中高一貫の男子校といえば、麻布学園(通称 「麻布」)だ。『「謎」の進学校 麻布の教え』(著・神田憲行、820円、集英社)によると、「麻布」はほかの進学校と比べるとかなり「変」らしい。

   同じ男子進学校の「開成」と比べてみると、「血液1立方ミリメートルの中に赤血球の数は500万」という説明を聞いて、黙々とノートに記すタイプの学生が多いのが「開成」で、「誰がどうやって数えたの?」と突っ込みを入れるのが「麻布」だという。「麻布」は秀才型というより天才肌が多く、雰囲気がいわゆるバンカラに近いということのようだ。

   「クーラー、カラーテレビ、カーの『3C』が登場し、人の生活はどうなったか?」という設問に対し、多くの人は「エネルギーの需要が増えた」と答えるだろう。だが、「(車を使うから公共機関を使わなくなったし、クーラーやテレビがあるから外に出なくなった。だから)、人同士がコミュニケーションする機会が減った」という答えも導ける...。「教えてもらってわかる」だけでなく、自分の頭で多面的にものごとを考える大切さを、再認識させてくれる本だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!