2018年 7月 17日 (火)

お笑いコンビ・千鳥が「岡山県PR大使」に 東京で記念イベント

印刷

   岡山県出身の漫才コンビ「千鳥」が同県をPRする「おかやま晴れの国大使」と務めることが決まった。伊原木隆太知事と3人による岡山県PRユニット「もんげーボーイズ」が結成される。2015年2月3日に東京で、委嘱式が開かれる。

   委嘱式は東京都港区の「とっとりおかやま新橋館2階催事スペースで行われ、委託状の交付のほか、もんげーボーイズの結成宣言、トークショーなどが予定されている。「もんげー」とは「すごい」という意味の岡山弁で、妖怪ウォッチをきっかけに子どもたちの間で話題となっているという。

   千鳥は「大悟」と「ノブ」のコンビで、大悟は笠岡市、ノブは井原市の出身。委嘱式には伊原木知事のほか、岡山県が舞台の映画「でーれーガールズ」に出演した、同県出身の女優 桃瀬美咲さんも出席予定。参加無料で整理券があれば岡山県の特産品がプレゼントされる。

  • 千鳥のキャッチフレーズは「岡山の漫才番長」
    千鳥のキャッチフレーズは「岡山の漫才番長」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中