年の差恋愛破局ギャル実感、付き合うほどにお互い理解深まらず

印刷

   芸能界きってのおしどり夫婦として知られていた、三船美佳さん(32)と高橋ジョージさん(56)の離婚が明らかとなりました。会見において三船さんは、『母として女性として新しい人生を歩み、成長していきたい』と笑顔で語るなど、まさにその決意は"離婚ロード"まっしぐらのようです。

   そんな年の差婚に幕を閉じようとしている2人ですが、残念ながらギャル達の中にも年の差恋愛に終幕したケースが多いようです。ではその原因は一体何だったのでしょう。今回は年の差恋愛に幕を閉じたギャル達にその破局原因について聞いてみました。

  • 子供扱い、亭主関白はNG
    子供扱い、亭主関白はNG

SNSや"オシャレ"は自由にさせて

【1】いくつになっても子供扱い

『5年付き合ってた彼氏は10個上だったんだけど、常に子供扱いされてた。私、あなたの子供じゃないからって言いたくなった』と言うように、必要以上に保護者ぶられたり、子供のような扱いを受けることをご法度と思うギャルも多くいる様子。時々ならまだしも、それが毎回となると、『いい加減にして!』と、うんざりしてしまうようですね。


【2】携帯に対しての激しいツッコミ

『インスタもツイッターもブログもバインも欠かせないツール! なのに、「オマエは携帯と友達か!」って言われて別れを決意した』と、ギャル世代にとってSNS更新はコミュニケーションの一部。リアルだけではなく、ネットでの交流も自分の存在を周囲へアピールするために欠かせないのです! ついつい携帯をイジっていてもお手柔らかにお願いします。


【3】夜のサングラスもオシャレの一部!

『夜だったけど、ノーメイクってこともあってサングラスしてたら、「日、出てないで」って一言...。そんなの分かっとるわ!』と、今やスッピン隠しに欠かせないサングラス。日が出ていない夜であっても、メイクしていない場合にはファッションに合わせてサングラスを掛けるのが鉄則なのです。是非オシャレの一部として軽~く受け止めてあげて下さい。


「俺様」はもう流行らない

【4】見ているドラマにジェネレーションギャップ

『懐かしい~!って思うドラマが違うから、その懐かしさに浸れない...(笑)』と、年齢が離れていることでどうしても生じてしまうジェネレーションギャップ。故に、各々の流行ったドラマ話をしたところですれちがうだけの結果となりそうです...。打開策としては、相手が知らないドラマのDVDを一緒に観ることで会話も膨らむことに繋がりそうです!


【5】お腹出しコーデで変な心配をされる

『お腹出しコーデを理解されず終わった(笑)。「下すよ」とか「冷えるよ」っていう昭和発言はマジ萎える(泣)』と、大胆に見せる肌がヘルシーで人気のお腹出しですが、どうも年上男性には理解出来ない様子。最近ではお腹出し以外にも、背中出しなども人気ですから、若者に人気のファッションの一部として受け止めて下さいね。


【6】とにかく亭主関白

『結婚当初から俺様的な亭主関白な旦那で、「俺の言うことは絶対!」って言動がいい加減付いていけず、離婚しました』と、男女平等な付き合いに慣れている世代だからこそ、行き過ぎた亭主関白は男尊女卑にもなりかねません。夫婦であるからこそ、互いの意見を尊重し、思いやることが大切です。むしろいわゆる「俺様」は、もう流行らないのかもしれません。


   以上、ギャル達が年の差恋愛に幕を閉じた原因6選はいかがでしたか。

   年が離れているからこそ良い刺激を与え合えそうですが、離れていることで世代間のギャップが生じてしまうケースを多く聞くことが出来ました。

   このような"破局ロード"にならないためにも、年上男性はもちろん、年下ギャルも、相手の環境や時代を少なからず理解してあげようとする心配りがキーポイントとなりそうです。

grp編集長・まぁ~さ

【grp】 grpとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中