2018年 8月 21日 (火)

「アルファード」「ヴェルファイア」"大空間高級サルーン"へ全面改良

印刷

   トヨタ自動車は2015年1月26日、高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」をフルモデルチェンジし、発売した。メーカー希望小売価格は319万7782円~703万6691円。

  • 新型「アルファード」
    新型「アルファード」
  • アルファード S/SA/SR、ヴェルファイア Z/ZA/ZRはエアロ仕様として設定(写真はアルファード SR
    アルファード S/SA/SR、ヴェルファイア Z/ZA/ZRはエアロ仕様として設定(写真はアルファード SR"Cパッケージ"ハイブリッド車)
  • 新型「ヴェルファイア」
    新型「ヴェルファイア」
  • 助手席スーパーロングスライドシート
    助手席スーパーロングスライドシート
  • パノラミックビューモニター(左右確認サポート+シースルービュー機能付き)
    パノラミックビューモニター(左右確認サポート+シースルービュー機能付き)
  • LEDルーフカラーイルミネーション(白)
    LEDルーフカラーイルミネーション(白)
  • 後席重視の最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」(写真はアルファード)
    後席重視の最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」(写真はアルファード)
  • 後席重視の最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」(写真はヴェルファイア)
    後席重視の最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」(写真はヴェルファイア)
  • エグゼクティブラウンジ専用装備「大型アームレスト+格納式テーブル」
    エグゼクティブラウンジ専用装備「大型アームレスト+格納式テーブル」
  • エグゼクティブラウンジ専用装備「パワーオットマン(伸縮機構付き)」
    エグゼクティブラウンジ専用装備「パワーオットマン(伸縮機構付き)」

アルファードは「豪華・勇壮」、ヴェルファイアは「大胆・不敵」がテーマ

   新型「アルファード」「ヴェルファイア」は、「大空間高級サルーン」をキーワードとして開発。アルファードは「豪華・勇壮」を、ヴェルファイアは「大胆・不敵」をテーマに、特長をより際立たせた外観に仕上げた。両車の基本性能はほぼ同じで、いわば兄弟モデル。「アルファード」がトヨペットで、「ヴェルファイア」がネッツで、と販売チャンネルは異なる。

   その基本性能だが、リヤの足回りに新開発のダブルウィッシュボーンサスペンションを採用。ボディー剛性の強化と相まって、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現した。また、徹底した振動・防音対策や、風切り音に有利な車両形状の追求により、心地よい静粛性を達成している。

   パッケージは、フロアの低床化により、全高は1880ミリ(従来型比マイナス10ミリ)としながらも、従来型と同等の室内高1400ミリというゆとりの空間を確保。助手席スーパーロングスライドシートやLEDルーフカラーイルミネーションなどを備える。

   安全面では、ドライバー視線で車両を透かしたような映像を表示する新機能「シースルービュー」を追加したパノラミックビューモニターや、複数回の前後移動を含めて自動でステアリング操作を行う切り返し支援などの新機能が加わったインテリジェントパーキングアシスト2などを装備する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中