スイーツはコーヒー豆の焙煎度合で選ぶ時代

印刷

   洋生菓子製造販売のモンテールは、コーヒー豆の焙煎度合に合わせたケーキを2015年2月1日に全国で発売した。深煎りに合うチョコ味と、浅煎りに合うチーズ味の2種類。

  • 苦味のある深煎りコーヒーにぴったりの「ミニショコラケーキ」
    苦味のある深煎りコーヒーにぴったりの「ミニショコラケーキ」
  • すっきりとした味わいの浅煎りコーヒーに合う「ミニチーズケーキ」
    すっきりとした味わいの浅煎りコーヒーに合う「ミニチーズケーキ」

深煎りにはチョコ味、浅煎りにはチーズ味

   「ミニショコラケーキ」は、苦味のある濃い味わいの深煎りコーヒーに合う。バタークリームをイメージしたミルククリームと、ぎゅっと詰まったしっとり感のある濃厚なチョコ生地が、苦味の効いた濃いコーヒーと相性抜群。一方、「ミニチーズケーキ」は、チーズ風味の甘い生地で濃厚なチーズクリームをサンド。チーズの爽やかな風味が、すっきりとした味わいの浅煎りコーヒーにぴったり。どちらも希望小売価格300円(税抜)。

   コンビニが挽きたてコーヒーを売り出したり、エスプレッソまで作れる家庭用コーヒーメーカーが人気だったりと、ワンランク上のコーヒーを追求する時代になった。深煎り、浅煎りなど、焙煎にこだわる人も多いだろう。なるほど、アメリカンコーヒーとフレンチローストでは、一緒に食べたいスイーツが違うことに気づかされた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中