2018年 11月 18日 (日)

「もっと!鈴鹿サーキットを走りつくせ! BIKE!BIKE!BIKE!2015」開催、国際コースを自分のバイクで走行できる

印刷

   鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)は2015年4月26日、50ccバイクから大型バイクまで、幅広いバイクユーザーが楽しめるイベント「もっと!鈴鹿サーキットを走りつくせ! BIKE!BIKE!BIKE!2015」を開催する。

  • 14年に行われたサーキットクルージングの様子
    14年に行われたサーキットクルージングの様子
  • 14年に行われたサーキットクルージングの様子
    14年に行われたサーキットクルージングの様子
  • 14年に行われた交通教育センター試乗会の様子
    14年に行われた交通教育センター試乗会の様子
  • 14年に行われた交通教育センター試乗会の様子
    14年に行われた交通教育センター試乗会の様子
  • 14年に行われたウェルカムフォトサービスの様子
    14年に行われたウェルカムフォトサービスの様子
  • 14年に行われたウェルカムフォトサービスの様子
    14年に行われたウェルカムフォトサービスの様子
  • 14年に行われた鈴鹿8時間耐久ロードレースの様子
    14年に行われた鈴鹿8時間耐久ロードレースの様子
  • 14年に行われた8耐エキシビションレースの様子
    14年に行われた8耐エキシビションレースの様子

ウェルカムフォトサービス、8耐エキシビションレースも

   イベントでは、「みんなで走る!地球一周ツーリング!鈴鹿サーキット4万kmクルージング」と題し、F1日本グランプリや"コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレースなどが開催されているコースを、自身のバイクで走行できる。その中で、参加者の総合計走行距離が地球一周とほぼ同じ4万キロ(6900周)になるよう目指していく。50cc以上のバイクで参加が可能。

   また、鈴鹿サーキット敷地内にある交通教育センターのインストラクターによる先導試乗会や、来場記念として鈴鹿サーキットクイーンを含めた、バイクとの写真を撮影するウェルカムフォトサービスを実施。鈴鹿8耐(7月23日~26日)をいち早く体感できるエキシビションレースも行われる。

   開催時間は午前9時~午後5時(ゲートオープン午前8時)。入場料金は、バイク来場で1台2000円(パドック駐輪料金、入園料、クルージングの参加料を含む)、車で来場の場合は、ゆうえんち入園料(大人1700円、小学生800円、幼児600円)のほかに駐車料金1000円が必要となる(価格は税込み)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中