東レインターナショナル、こだわりデザインの家庭用小型浄水器を発売 節水機能も強化

印刷

   東レインターナショナル(東京都中央区)は、節水機能とデザイン性にもこだわった蛇口直結型の家庭用小型浄水器「ウォーターボール」を2015年2月上旬から発売する。

  • (上)WB600B (下)WB600C
    (上)WB600B (下)WB600C

カラフルでしずくのような形

   しずくや水玉をイメージした、かわいらしいデザイン。本体カラーは2シリーズあり、6色展開。「WB600B」はホワイトの本体にレッド・グリーン・イエローの3色のレバー。「WB600C」の本体は3色あり、フレッシュな柑橘系フルーツのようなマンダリンオレンジ・ライムグリーン・レモンイエローで、レバーはホワイト。

   浄水性能も高くJIS規格5項目をクリア。節水機能は原水シャワー使用時で未設置時よりも50%以上節水できる。浄水1Lあたりのランニングコストは約2円で済む。カートリッジ交換タイプで、取換時期の目安は1日10L使用の場合約2ヶ月。手に取りやすい価格で浄水器の入門的位置付けだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中