2021年 5月 17日 (月)

ちょっとエッチな妄想系から歴史まで、制服本いろいろ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

なぜスチュワーデスの制服がいいのか?

   かつて夕刊紙で「OL制服図鑑」を連載していた三田村蕗子さんが、OLだけでなく、スチュワーデス、看護婦(CAとか看護師とあえて使わない)などのユニフォームについて、その現場や業界、つまり実際に着る人、作る人などを詳しく取材して、その動向を描いたのが、『コスプレ-なぜ日本人は制服が好きなのか』(821円、祥伝社)だ。

   日本人はコスプレ志向があって、役を演じるのが好きな国民。だから制服はとても便利な道具ということらしい。本書のキャッチフレーズは制服を通して考える日本人論。

   なぜスチュワーデスの制服が一番なのか、カルティエの制服はかなり贅沢だ、寿司屋の板前がネクタイをしているのはどうやら北大路魯山人が関係しているらしいなど、ネタになりそうな話も満載である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!