富山県を3つに分けて紹介 ガイドブック「ことりっぷ 富山 立山黒部・五箇山」発売

印刷

   昭文社(東京都千代田区)は、富山のガイドブック「ことりっぷ 富山 立山黒部・五箇山」を2015年2月16日から発売する。

  • 働く女性に週末の旅行を提案
    働く女性に週末の旅行を提案

大自然を体感する旅

   北陸新幹線開通により人気観光エリアになると予想される富山を、「富山タウン 八尾」「高岡 とその周辺」「気になる富山(五箇山、立山黒部ほか)」の3エリアに分けた。富山駅周辺にはおしゃれなスポットや地元グルメが味わえる飲食店が多いという。高岡は銅器や漆器の生産で栄えた街。独特の風情がある街並みが残っており、周囲にも富山湾や絹織物の街・城端など、異なる趣を持つ街が点在する。五箇山には世界遺産登録済みの合掌造りの家並みが続き、黒部峡谷は新緑・紅葉の季節におすすめ。立山では雲海が眼下に広がる。感動的な大自然を体感できるのも富山旅の魅力。

   価格は800円(税抜)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中