加齢による脳の老化に働きかけるパックごはん「おとなの冴ごはん」発売

印刷

   ファンケルヘルスサイエンス(横浜市)は、加齢による脳の老化にアプローチする成分を豊富に含んだ機能性パックごはん「おとなの冴(さえ)ごはん」を、2015年2月20日から、通信販売および直営店舗で数量限定発売する。

   脳神経細胞のダメージ減少および脳内の原動力不足にアプローチする機能成分が多い「発芽米金のいぶき」に、神経伝達物質の材料である「α-GPC」をプラス。加齢とともに気になる脳機能の維持を多角的に助けるという。噛みごたえにもこだわりがあり、食べる際の咀嚼運動が脳の働きを活性化させる。また、発芽米の「糖質」はゆっくり吸収されエネルギー源が持続的に届くため、栄養素が不足しやすい中高年におすすめ。サプリメントでは無く普段の食事で気になる体調を整える。

   価格は281円(税込)、1パック160g。

  • 50代・60代がターゲット
    50代・60代がターゲット
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中