モバイル機器の画面をテレビにワイヤレス転送 Miracastと WiDi対応のレシーバー「ScreenBeam Mini2」

印刷

   ネットワーク機器などを扱うアメリカのActiontec Electronics(アクションテック・エレクトロニクス)は、ワイヤレスディスプレイアダプター「ScreenBeam Mini2(スクリーンビームミニ2)」を、2015年2月25日に量販店などで発売する。価格はオープンだが、実売予想価格は8780円前後。

  • コンパクトなスティックタイプ
    コンパクトなスティックタイプ

アドホック接続でネットワークが不要

   Wi-Fiアライアンス策定のディスプレイ伝送技術「Miracast(ミラキャスト)」およびインテル・ワイヤレス・ディスプレイ(Intel WiDi)に対応。テレビのHDMI端子に挿すだけで、モバイル機器などの画面を最大1080pの解像度で転送表示できる。

   接続可能なモバイル機器は、Windows 8.1以降搭載のPCおよびタブレット、「Intel WiDi vre4」以降が動作するWindows 7/8 PC、Android 4.2以降を搭載したスマートフォン。iOSは非対応。

   モバイル機器と本機の間は1対1のアドホック接続(有効距離約10メートル)で、Wi-Fiルーターなどのネットワークが不要。2.4GHz帯と5GHz帯のデュアルバンド(IEEE802.11 a/b/g/n)対応。ノイズに強く通信の安定性、高速応答を実現している。

   USB給電ケーブル、ACアダプターが付属する。言語設定、画面サイズ、壁紙変更、ファームウェアアップデートなどができるユーティリティソフト(Windows 8.1版/Android 4.2版)が同梱。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中