都内初の"終活"コミュニティカフェ「BLUE OCEAN CAFE」が江東区にオープン

印刷

   船舶関連の事業や飲食店の経営を行うハウスボートクラブ(東京都江東区)は2015年2月21日、都内で初の"終活"コミュニティカフェ「BLUE OCEAN CAFE」を同区住吉にオープンする。

  • 店舗外観
    店舗外観
  • 店内ではミニ骨壺などの供養品を展示販売
    店内ではミニ骨壺などの供養品を展示販売

「生き方」「逝き方」「活き方」を考えるコミュニティカフェ

   「高齢者だけでなくすべての世代の人に、人生の終焉や、生き方、いのちについて考える場を提供し、新たな人との繋がりが生まれるコミュニティスペース」を目指すという、都内で初めてとなる"終活"をコンセプトにしたコミュニティカフェ。スタッフの多くが終活カウンセラーの資格を持っており、終活の相談窓口としての機能を持つ。

   平日の15~18時に終活に関するセミナーやワークショップ、交流会などを開催するほか、夜は僧侶と交流できる「坊主バー」などのイベントも企画しているという。終活セミナーは15年3月から、オープニング記念として無料で開催され(一部材料費が必要な講座あり)、4月からは有料開催となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中