アニメとリアルをつなぐプラットフォーム「NIJI+」 作品の"元ネタ"情報を発信、共有できる

印刷

   リクルートホールディングスの実証研究機関メディアテクノロジーラボは2015年3月2日、アニメやゲーム、マンガに登場するモノや場所の"元ネタ"情報を案内するサービスアプリ「NIJI+(ニジプラス)」のベータ版をリリースした。

  • 「NIJI+(ニジプラス)」
    「NIJI+(ニジプラス)」

フィクションの世界とリアルの世界をマッチング

   「『フィクション』の世界と『リアル』の世界をマッチングし、2次元の生活と3次元の生活の両方を充実」させるというサービス。ユーザーは、「NIJI+」にアクセスし、自分が興味を持っている作品に登場するモノや場所についてトピックを設定し、モデルになったと思われるモノや場所の情報を投稿できる。他のユーザーはその情報を閲覧、編集することが可能なので、トピックをより充実したものにできるという。ダウンロードは無料。

   対応機種はiOS7.1以上。Android版は15年3月8日にリリース予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中