ギャルは"実名公開"支持 自分で守るため情報必要

印刷

   2月20日(2015年)、神奈川県川崎市の多摩川河川敷で中学1年生の上村遼太さんが殺害されるといった痛ましい事件が起きました。発生から1週間経った27日には、市内の17~18歳の少年が殺人容疑で逮捕されるなど、未成年の残虐な犯行に衝撃が走っています。

   では同じ世代のギャル達はこの事件をどう感じたのでしょうか。率直に意見を聞いてみました。

  • 何でもっと早く気付いてあげられなかったんだろう…って
    何でもっと早く気付いてあげられなかったんだろう…って

広島・呉のLINE事件思い出す

『同世代として本当に許せない。亡くなった上村くんの気持ちを思うと、本当に辛かっただろうなって思います』
『集団で暴行されたと聞いてゾッとした。広島のLINE殺人遺棄事件を思い出してしまった。絶対繰り返されてはいけなかったはずなのに...』
『胸が締め付けられる思いでいっぱいです。明らかに暴行の痕跡があったのに何でもっと早く気付いてあげられなかったんだろう...って思いました。ご冥福をお祈りします』

   ――など悲痛な胸の内を明らかにする声の他、2013年6月に広島県呉市で16歳の無職少女がLINE上での口論をキッカケに、元同級生の16歳の少女を暴行・殺害した事件を思い返したといった声も寄せられました。

   また今回の一件で特徴的だと言えるのは、事件直後から犯人らしき複数の少年の画像や名前がTwitterで拡散されたことだと言えます。一部からは投稿をやめるよう注意する書き込みもありましたが、「拡散希望」「どんどん広めてください」「多摩川の中学生殺害に関係している様です」と書かれるとともに、瞬く間に実名や顔写真が晒され続けました。

加害者をかばう少年法、遺族が報われない

   では、このようにネットで拡散されたことについてはどう思ったのでしょう。

   引き続き意見を聞きました。

『少年法の規定で未成年だからってテレビには写らないけど、ウチは顔写真が公開されてよかったと思う。犯人逮捕にも繋がっただろうし、未成年とか関係のない事件だと思います』
『未成年だからって犯した罪は変わることのない事実。被害者の気持ちを思うと法律に守られるのは絶対におかしいと思う。加害者をかばう法律なんて遺族も報われません』
『少年法で裁かれないのならば、事前に自分達で防衛することとか情報交換が大切なんじゃないかって思った。だから今回の件も拡散に繋がったんだと思う』
『こんなにも拡散されたってことは、顔写真や実名の公開をして欲しいって思った人がここまでいる証拠だと思う。出回った時は「本当に犯人なのかな」って思ったけど、顔を見たことで注意喚起に繋がると思う』

   ――といった声が寄せられ、以前、同コラムにおいて調査した、呉市のLINE殺人死体遺棄事件や佐世保女子高生殺害事件の時と同様に少年法の改正と、顔写真の公開や実名報道を求めている声を多数聞くことが出来ました。ただ、このような声の裏側には『これが人違いだったら...』『誤報だったら...』といった意見が寄せられたのも現状です。

   間違いが起きないための"事実確認"といった意味でも、同世代のギャル達は少年法の改正とともに、個人が特定される情報を各メディアでも公開すること、年齢に関係なく罰すべきことを本気で求めているようです。

   今回の事件は日本に止まらず海外でも報道されるなど、波紋を呼び続けています。

   被害者側の気持ちを考えると、少年法といった実名公開なしや処分の軽さに憤りを感じるとともに、決してこういった事件は二度と繰り返してはいけまいと切に願うばかりです。ここ最近の少年・少女による相次ぐ凶悪犯罪を考えると、今こそ少年法改正が求められる時なのではないでしょうか。

grp編集長・安部舞紗

(今回から署名を変更しましたが、編集長の交代ではありません)

【grp】 grpとは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中