2018年 11月 19日 (月)

銭湯の桶でおなじみ「ケロリン」の石けん 長野限定の木桶も

印刷

   内外薬品(富山市)は、2015年3月14日の北陸新幹線の開通に合わせ、「ケロリンの石鹸」と「ケロリン木桶」を発売する。

  • 「ケロリンの石鹸」
    「ケロリンの石鹸」
  • 「ケロリン木桶」
    「ケロリン木桶」

保湿成分のコラーゲンを配合

   同社の解熱鎮痛剤である「ケロリン」をモチーフにしたグッズ。

   「ケロリンの石鹸」は、高級石けんにも用いられている「枠練り熟成製法」を使った。黄色い透明石けんで崩れにくい。保湿成分のコラーゲンを配合しているので、泡立ちがいい。すでに同社ウェブサイトでは販売されており、希望小売価格は580円(税別、以下同)。

   「ケロリン木桶」は、銭湯などでおなじみの「ケロリン桶」の木製バージョン。長野県の木材を使い、「ケロリン」の刻印も入っている。東急ハンズ長野店、東京・銀座のアンテナショップ、銀座NAGANO限定で3月14日に発売される。価格は4000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中