「年功序列制度廃止」賛成が半数以上 中小企業経営者400人に調査

印刷

   年齢とともに賃金が上がる年功制の見直しが相次ぎ、ホンダをはじめ、日立、パナソニック、三井物産などが改革に踏み切った。大手企業でこうした動きがある一方、中小企業は人事制度をどう考えているのか。

   人事評価システム・運用支援を専門とするあしたのチームは、中小企業の経営者400人を対象に、年功制をテーマにインターネット調査を実施した。調査は2015年2月26~27日に実施し、従業員300人未満の会社の経営者から回答を得た。

  • 「年功序列制度廃止」についてどのように感じるか
    「年功序列制度廃止」についてどのように感じるか

廃止に否定的なのはわずか10.8%

   あなたの会社は人事制度や慣習で「年功序列」と「成果主義」とで、どちらが強く感じられるかという質問に対して、「『年功序列』の人事制度や慣習が強い」、「どちらかというと『年功序列』の人事制度や慣習が強い」と回答した経営者が合わせて40.8%となった。一方「成果主義」の人事制度や慣習が強いと感じると答えた人は全体の59.3%と、「年功序列」を18.5ポイント上回った。

   「年功序列制度廃止」についてどのように感じるかを聞くと、「良いと思う」「まあ良いと思う」が54.3%と半数以上を占めた。また、廃止に否定的な答えを選択した人は、全体のわずか10.8%ととどまった。

   年功序列制度を廃止した場合、成果があがるのは「若者(20~30代)」と「ベテラン (40代以上)」とでどちらだと思うかをたずねると、「若者」の方が成果があがると答えたのは38.5%で、「両方とも成果が上がる」という人も35.8%いた。

   経営者が考える年功制のデメリットとして最も多く挙がったのは、「成果や頑張りと昇進や賃金アップの連動されない」ということ。一方でメリットとしては「上司が部下を指導しやすい」という回答が一番多かった。

   調査に協力した経営者400人に今期の業績を予想してもらうと7割が黒字と答え、その中で昨年と対比して120%以上としたのが41人。そのうち75.6%が「どちらかと言うと成果主義」「成果主義」の人事制度や慣習が強い会社だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中