「Hello!DINO」タカラトミーが発売、"イタズラ"すると暴れまわる恐竜ロボ

印刷

   タカラトミーは2015年4月23日、やんちゃな恐竜ロボット「Hello!DINO(ハロー!ダイノ)」を発売する。希望小売価格は1万5000円(税別)。

  • Hello!DINO (C)TOMY
    Hello!DINO (C)TOMY
  • "イタズラ"をすると怒って暴れまわる (C)TOMY
  • ジェスチャーでも操作可能 (C)TOMY
    ジェスチャーでも操作可能 (C)TOMY
  • 付属のコントロールポッドで離れたところからでも操作できる (C)TOMY
    付属のコントロールポッドで離れたところからでも操作できる (C)TOMY
  • 凶暴注意!? (C)TOMY
    凶暴注意!? (C)TOMY

手やコントロールポッドで操作できる

   1984年から展開されている次世代エンターテイメントロボット「Omnibot(オムニボット)」シリーズの最新作。"指示通りに動く"という従来のロボットイメージに対し、「Hello!DINO」はただ従順なだけでなく、しっぽを引っ張るなどの"イタズラ"をすると、目の色を変えて手におえないほど暴れまわる動きが大きな特徴となっている。

   スイッチを入れると、リアルな鳴き声を上げながら、ジャイロセンサーによってタイヤ状の2本足を中心にしっぽと頭でバランスを取り自立。足先がタイヤになっているので、前進や後退はもちろん、ぐるぐる回転したり、身体を左右に振りながら急に走り出したりと、機敏に動き回ることができる。また、赤外線センサーを搭載し、手の動きに反応させてジェスチャーで手なずけたり、付属のコントロールポッドを使用して、思い通りに操ったりすることもできる。

   本体サイズは幅390×高さ160×奥行き170ミリ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中