【超絶悲報】「丼太郎」代々木店、3月31日で閉店 残すところあと1店舗...

印刷

牛丼チェーン「丼太郎」(どんぶり太郎、旧「牛丼太郎」)の代々木店(東京都渋谷区)が2015年3月31日17時で閉店する。

店頭には閉店を知らせる張り紙が(2015年3月撮影)
店頭には閉店を知らせる張り紙が(2015年3月撮影)

「牛丼太郎」時代は、東京都内にいくつもの店舗が存在した。しかし、運営会社の経営難でほぼ全店が閉店。残された代々木店、茗荷谷店(東京都文京区)の2店舗が運営会社と店名を変え、営業を続けていた。

ちなみに、「丼太郎」は「牛丼太郎」の「牛」の文字を取った名前。店名変更時は、「牛」の部分だけを赤いテープで覆い隠した店舗看板がネットで話題となった。

「丼太郎」代々木店(2015年3月撮影)
「丼太郎」代々木店(2015年3月撮影)

大手チェーンが次々と値上げに踏み切る中、牛丼並盛りを260円(しかもみそ汁付き)という激安価格で提供し続け、多くの支持を集めた。

店頭のメニュー表 食べられるのもあと1週間(2015年3月撮影)
店頭のメニュー表 食べられるのもあと1週間(2015年3月撮影)

ツイッターでは閉店を惜しむ声が続々寄せられている。

これで、営業を続ける「丼太郎」は茗荷谷店のみとなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中