2018年 9月 25日 (火)

各種アプリ、そしてiPhoneとAndroid端末に対応 スマートウォッチ「Martian Watches」

印刷

   加賀ハイテック(東京都中央区)は2015年3月27日、アメリカで設立されたMartian Watches(マーシャンウォッチーズ)のスマートウォッチ3シリーズ、計10モデルを発売する。

  • アメリカの新ブランドMartian Watchesのスマートウォッチ
    アメリカの新ブランドMartian Watchesのスマートウォッチ

通知以外にも充実機能、バッテリーも長持ち

   アナログ時計とデジタル液晶が1つのケースに収まった、Bluetooth4.0接続のスマートウォッチ。

   Android端末、iPhoneのどちらにも対応しており、あらゆる通知やアラートを受信することができる。バイブレーションの設定により、時計をみることなく通知の種類の判断も可能。

   また、バイブレーションによるサイレントアラームやスマートフォンの捜索、ボイスコマンド、カメラの遠隔操作などの機能も充実している。

   バッテリー持続時間は機種により異なるが5日から7日程度と現在流通しているスマートウォッチの中では長持ち。

   上位機種では通話も可能。

   市場想定売価は1万6200円から3万2400円(税込)。全国の家電量販店などで取り扱う予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中