「G-SHOCK」にスウェット生地デザイン 特殊技術でベゼルやバンドにもプリント

印刷

   カシオ計算機の耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」に、ストリートファッションアイテムの定番であるパーカーやスウェットに用いられる生地をイメージした「ヘザード柄」デザインのモデルが登場した。その名も「ヘザード・カラー・シリーズ」だ。

   ケースを大型化した「GD-X6900」をベースモデルに採用。特殊なプリント技術によって、ダイアルはもちろんベゼル、バンドにまでヘザード柄を印刷している。徹底的なデザインへのこだわりにより、ストリートファッションアイテムとして新たな進化を果たしたという。カラーは全7色。2015年2月から販売しており、価格はいずれも1万7000円(税抜)。

  • 「ヘザード・カラー・シリーズ」
    「ヘザード・カラー・シリーズ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中