2018年 9月 26日 (水)

テラスハウス思い出の場所を「LOVE LOCK」 愛の南京錠アプリで写真・メッセージを共有

印刷

   テレビ番組「テラスハウス」(フジテレビ系)の元出演者でタレントの今井華さんと宮城大樹さんが2015年3月31日、都内で行われたドワンゴの提供する思い出共有アプリ「LOVE LOCK」のPRイベントに出席した。

   渋谷109前に設置されたステージに2人が登場すると、春休みを利用して渋谷を訪れた10~20代の男女らが一斉に歓声をあげ、イベントは盛り上がりを見せていた。

  • 今井華さんと宮城大樹さん
    今井華さんと宮城大樹さん

恋人同士だけでなく、友人同士でも使える

   「LOVE LOCK」は、地図上の思い出の地に「愛の南京錠」を設置して鍵をかけると、写真やメッセージなどを共有できるというアプリだ。「ラブロック(鍵)」を設置すると発行される秘密のラブコードをパートナーに伝え、鍵をかけてもらうとロックが完了する。恋人同士が愛を約束して2人の名前を書いた南京錠を取り付けるのが世界中で流行しているのを背景に製作された。

   今回のイベントには、テラスハウスをきっかけに一時交際し、現在は友達という関係の今井さんと宮城さんが参加。交際中の思い出の場所のうち、アプリ上のマップのどこに南京錠を設置したいか聞かれると、今井さんと宮城さんは、「最初に行ったデートのイチゴ狩り」と東京都文京区の「後楽園ホール」を挙げた。

   宮城さんは、「後楽園ホール」を挙げた理由について、「キックボクシングの試合をやった後に今井華ちゃんに告白した場所です。そのときに告白の返事として『2戦2勝だね』といってもらいました」とコメント。

   今井さんはアプリを使った感想を「友達や家族、ペットとも使えてすごい楽しい」と話し、宮城さんは他のユーザーが設置したラブロックを見られる機能に触れ、「カップル同士で次の行き場所に困った時に使えるのでは」とPRした。

   また、イベントでは「LOVE LOCK」のボディペイントを実施。お互いの腕を合わせるとハートの形になるよう、今井さんと宮城さんそれぞれの片腕に相手の名前とハートの半分が描かれた。2人は照れながら腕を合わせてフォトセッションに応じ、集まったファンも興奮気味にスマートフォンで写真を撮影していた。その後、希望者にボディペイントするコーナーが設けられ、道行く人々が続々と列を作り、楽しそうにハート合わせを体験していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中