完全にカレーじゃん! 「バーガーキングの香水」の匂いに最も近いスパイスを発見したぞ~

印刷

2015年4月1日、エイプリルフール企画として、バーガーキングで香水が販売された。直火焼きパティの香りを閉じ込めた香水は、その名も「FLAME GRILLED(フレームグリルド)フレグランス」。発売前から話題を集め、5000円という価格にも関わらず次々に売れていったという。

当日、カス丸も雨の中並んでゲットしてきた。

tv_20150406184651.jpg

見た目は完全に香水だ(あたりまえ)。肝心の匂いはというと...クンクン...

trend_20150406191756.jpg
「完全にカレーですよこれ(切実)」
trend_20150406192752.jpg

こうやって手に取って

tv_20150406185954.jpg

ゴシゴシすると...

tv_20150406190052.jpg

なんだかカレーっぽい匂いが体中からするのだ。

ハンバーガーでも肉でもない、まさにスパイシーなカレーの匂いがしたのである。かすかな炎上のニオイも嗅ぎ付けるほど嗅覚には自信がある。

「間違いなくカレー」

そう思った。

しかし、周りの編集部員に嗅いでもらったところ

「セロリ!」
画像はイメージ
画像はイメージ
「レモン!」
画像はイメージ
画像はイメージ

出てくるのはカレーとは関係のない食べ物の名前ばかりで焦るカス丸。

ネット上でも

とカレー派は劣勢だ。

一体何の香りなんだろう、と考えると好奇心を抑えきれなくなった。

「『カレーの匂い』の秘密を突き止めるじぇい!」

と思い立ち、スパイス店を駆けずり回った。


そして...

tv_20150406190504.jpeg

やってしまった。無我夢中で揃えた結果がこれである。

ちなみに、カレーといってもこういうカレーじゃない。

画像はイメージ
画像はイメージ

もっとスパイスのたった、インド風のカレーだ。

さて、買ってきたものをクンカクンカと1つずつ嗅いでいくと、明らかに「ハーブ類」の匂いと香水の匂いが一致しないことが分かった。

ハーブ類を除いたものがこちら。主にカレーやインド料理に使うスパイスである。

tv_20150406190545.jpeg

カルダモン。柑橘類を思わせる爽やかな香りが特徴のスパイスだが、違う。

tv_20150406190609.jpeg

アジョワンシード。魚などと合わせるスパイス。やや薬っぽい匂いが鼻をつく。こちらも違う。

tv_20150406190643.jpeg

コリアンダーシード。レモンのような爽やかな香りを持つ。葉っぱはエスニック料理ではお馴染みの「パクチー」。香水の匂いは爽やかではない。

tv_20150406190723.jpeg

アニスシード。チョコレートのような甘い匂い。全然違う。

tv_20150406190748.jpeg

ディルシード。魚に合うハーブ「ディル」の種。葉とは違い、やや薬っぽい匂い。これも違う。

tv_20150406190819.jpeg

フェンネルシード。こちらも魚によく合うハーブ「フェンネル」の種。違う。

tv_20150406190937.jpeg

フェヌグリーク。豆やじゃがいもを思わせる土の匂いがする。しかし、スパイシーではない。

tv_20150406191312.jpeg

最後に残ったのはこちら。クミン。インドカレーの基礎をなすスパイスで、インパクトのあるガツンとした香りが持ち味だ。

tv_20150406191347.jpeg

嗅いだ瞬間、ビビッときた。これだ!!!これ!!

完全にバーガーキング香水そのものである。やはり、「カレーの匂い」という印象は間違っていなかった。

正確にはクミンの香りにほんの少し、セロリに近い爽やかさをブレンドしたものだ。でも、殆どクミンそのものと言ってしまっても間違いではない。

それにしても、なぜクミンの匂いにしたのだろうか。これじゃ完全にカレーだよ...。

というわけで、バーガーキング香水を持っていないけど「直火焼きパティ」の香りを身にまといたい人は、クミンを買いに走れ!

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中