「トムヤムラーメン」カップめん化に「ティーヌン」ファン歓喜 味にも高評価、しかし再現度は...?【レビューウォッチ】

印刷

   エースコックは2015年3月30日、「ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」を発売した。

   タイ料理店「ティーヌン」の「元祖トムヤムラーメン」をカップめんで再現。コアなファンが多いティーヌンとあって、「あのトムヤムラーメンがカップで食べられる!」と発売早々話題に。「美味しい」との声が相次いでいるが、再現度はいかほど?

  • 自分の舌で味を確かめてみよう
    自分の舌で味を確かめてみよう

「ティーヌンのとは違う感じが...」との声も

   「ティーヌン」は1992年、高田馬場にオープンしたタイ料理店。酸味と辛味が特長のタイの代表的なスープ「トムヤムクンスープ」に中華めんを入れた「元祖トムヤムラーメン」は、開店当初から提供されている看板商品だ。

   この商品は、チキン・エビ・魚醤の旨みに唐辛子を加えた辛味のあるスープに、レモングラスなど、複数種のスパイスを加えることで爽やかな酸味や香りを再現。ココナッツなどの甘みも加え、飽きのこない味に仕上げている。

   ツイッターでは発売前から、「ティーヌン」ファンを中心に話題に。食べてみたという人からは、

「これちょーおいしい!!スープまで飲み干しちゃう!」
「凄く酸味が効いていてからうまー!」
「辛いけど酸っぱい!まさにトムヤム!うまい!!」

など、その味に絶賛が相次いでいる。

   一方、「再現率の高さに感動」「美味しかったけどティーヌンのトムヤムラーメンとはちょっと違う感じがした」と、再現度は食べる人によって感じ方が大きく異なっているようだ。

   また、

「カップヌードルトムヤムクン味には及ばなかった」
「カップヌードル版のようにクリーミーに味のインパクト抑え気味にしていない点に好感が持てる」

など、日清食品の「カップヌードル トムヤムクンヌードル」と比較した評価も。「トムヤムクン味」のヌードルが好きという人は試してもよさそうだ。

   希望小売価格は205円(税抜)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中