ANAインターコンチネンタルホテル東京で赤ワインと一緒に日本三大和牛を食べ比べ

印刷

   ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)の日本料理「雲海」は、2015年4月16日から6月8日まで、しゃぶしゃぶメニュー「日本三大和牛神戸、松阪、近江の饗宴」を肉料理にお奨めの赤ワインと合わせて提供する。

   和牛の三大ブランドとされる牛肉の食べ比べ。料理長の吉安健氏によると、しゃぶしゃぶという調理法で食べ比べることによって、三大和牛の肉質の特徴、食感、繊細な肉の旨み、味わいの違いを体験できるという。また、肉料理をより美味しくする飲み物として、米国カリフォルニア州の上質で純粋なプレミアムワイン「KENZOESTATE(ケンゾー エステイト)」の「紫鈴 rindo」・「あさつゆ asatsuyu」を用意。新緑が美しい日本庭園を眺めながら、日本三大和牛を味わうひとときが過ごせる。

   時間は午後5時~午後9時(日曜・祝日は午後8時まで)。「日本三大和牛食べ比べ しゃぶしゃぶ」の価格は2万円(サービス料・税別)。

  • 最高級ランクの牛肉を食べ比べ
    最高級ランクの牛肉を食べ比べ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中