2018年 9月 21日 (金)

門外不出作も"奇跡"の出品 「ボッティチェリとルネサンス」展...GWまでの限定公開作品も

印刷

   Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区)では2015年6月28日まで「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展を開催中だ。ボッティチェリ作品の展示数17点と国内では過去最大数の展覧会。これまで門外不出とされながら奇跡的来日を果たし、出展期間がゴールデンウイークまでに限られた作品も含まれている。

  • ボッティチェリ「受胎告知」(1481年、フィレンツェ、ウフィツィ美術館) 横幅5メートル超 この大作と対峙する感動を体験しよう
    ボッティチェリ「受胎告知」(1481年、フィレンツェ、ウフィツィ美術館) 横幅5メートル超 この大作と対峙する感動を体験しよう
  • ボッティチェリ「聖母子と洗礼者聖ヨハネ」(1477-1480年頃、ピアツェンツァ市立博物館) 展示期間:3月21日~5月6日
    ボッティチェリ「聖母子と洗礼者聖ヨハネ」(1477-1480年頃、ピアツェンツァ市立博物館) 展示期間:3月21日~5月6日

国内過去最大数となるボッティチェリ作品

   同展は、初期ルネサンスの巨匠サンドロ・ボッティチェリの17作品をはじめ絵画、彫刻、工芸、資料など計約80点により、ルネサンスの原動力となった金融業の繁栄と、近代に通じるメセナ(芸術文化支援)活動の誕生を紹介する展覧会。

   最大の見どころは、国内過去最大級となるボッティチェリ作品17点の来日だ。イタリア、フランス、アメリカから集まった17点のうち、14点が日本初公開となる。イタリア・ウフィツィ美術館所蔵の至宝とされる、横幅5メートルのフレスコ画「受胎告知」、代表作「ヴィーナスの誕生」から女神のみ取り出して描かれた「ヴィーナス」などの名作が揃う。

   イタリア政府の「門外不出リスト」に登録されている「聖母子と洗礼者聖ヨハネ」は5月6日までの期間限定展示。所蔵元のピアチェンツァ市の協力で特別出品されている。

   入館料は、一般1500円、大学・高校生1000円、中学・小学生700円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中