「静岡のソウルフード」に新たな名乗り 「のっぽパン」はおでんや焼きそばしのげるか

印刷

   静岡県沼津市のベーカリーチェーン、バンデロールが2015年4月から、同社の人気の菓子パン「のっぽパン」のネット通販を始めた。同社のホームページ(HP)によると「のっぽパン」は「静岡県民に大人気のソウルフード」。県外の静岡出身者の要望に応え、ECを通じて全国デビューとなった。静岡発の"ソウルフード"は焼きそばやおでんが県外でも浸透しているが、果たしてのっぽパンはどこまで人気を伸ばせるか。

  • のっぽパン定番の3種類 ユーモラスなキリンのキャラクターが目印
    のっぽパン定番の3種類 ユーモラスなキリンのキャラクターが目印

1978年発売、瞬く間に大人気に

   「のっぽパン」は、主に静岡県内で販売されている菓子パンで、バンデロールのHPでは「長さ34センチの細長いパンにミルククリームをサンド」と説明。1978年に発売されるや瞬く間に大人気になったという。菓子パンとしては異例ともいえる30年以上の"歴史"がある。

   だがこれまでの間がずっと順風だったわけではなく2007年に事業編成のためいったんは製造を終了している。だがその時も長年製品に親しんでいた消費者からの復活を求める声に押されるなどして再スタート。そしてこのほどのネットショップ開設となった。

   同様の菓子パンは全国のあちらこちらにあるように思われるが、のっぽパンの通販開始を話題にしたウェブサイトには、

「静岡県における『クリームサンドのコッペパン』は、あくまでこの『のっぽパン』なのだ。」

などの声もあり、とくに、沼津市など静岡県の東部から中部の静岡市あたりまでの地域で絶大な知名度と人気を誇っている。

「懐かしい」の一方「ネット購入するほどではない」と冷めた感想も

   ネット通販で購入できるのは「のっぽパン 元祖クリーム10本セット」(1600円、税込=以下同)、「同30本セット」(4800円)、「のっぽパン 詰め合わせセット(クリーム5本、チョコ3本、ピーナッツ2本)」(1600円)、「のっぽラスク 6個セット」(2400円)の4種類。

   通販により全国から購入可能となったことについてネットでは、

「のっぽパン良く食べてたw 懐かしいなぁ」
「朝飯にあれが出るとテンションぶち上がった」
「のっぽに若干似てるパン食べてるけどやっぱりのっぽがいい」

と、しみじみと懐かしみつつ、歓迎する声が多数あがっている。だが一方では、

「でもネット購入するほど...でも無いけど」
「静岡県民の食べ物だろ?他所の人間はいらねーよ」
「ミルククリームをサンドしたモノならあちこちで売ってると思う」

と、冷めた見方もある。

   「静岡のソウルフード」といえば「富士宮やきそば」や「静岡おでん」のほか、最近では「みしまコロッケ」「浜松餃子」などがテレビ番組などでも紹介され、ご当地グルメのイベントなどでも人気になっている。ネット通販をきっかけに「のっぽパン」もこれらと肩を並べる"名物"になれるだろうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中