2018年 9月 21日 (金)

ローランド「Vドラム・シリーズ」に新モデル2種 「本物」への様々なこだわり

印刷

   電子楽器メーカー、ローランドは、電子ドラム「Vドラム・シリーズ」として、アコースティック・ドラムさながらの表現力・演奏感で本格的な演奏が楽しめ、簡単に自分好みのドラム・セッティングに仕上げられる「TD-25KV-S」「TD-25K-S」を2015年4月25日に発売する。

  • 手軽さはそのままに、本格演奏を再現
    手軽さはそのままに、本格演奏を再現

上下可動式のハイハット、打点位置による音色変化など

   「Vドラム・シリーズ」は、1997年の発売以来、電子楽器ながらも本格的な演奏感を味わえるとして愛好者に広く知られている。「TD-25シリーズ」は、アコースティック製品に近いリアルな表現力で演奏を楽しめる新シリーズだ。

   中央の大型ダイヤルを回すだけで、曲のジャンルに応じたセットを選択できるほか、セットで使われている楽器の選択、チューニング(音の高さ)、マフリング(音の長さ)、音量なども調整可能。セッティングはすべて操作すると同時に自動保存されるため、スピーディーな操作が可能だ。

   ドラム・パッドは、プロ奏者からも評価が高いメッシュ・ヘッドを採用。スネア・ドラムは叩く位置によって音色が変化する打点位置検出技術により微妙なニュアンスを表現できる。シンバルは自然な揺れと叩き心地を実現しており、手で音を止めるチョーク奏法にも対応している。クラッシュ・シンバルはエッジ(平らな部分)/ボウ(外周部分)、ライド・シンバルではさらにベル(中心の膨らんだ部分)まで、異なるサウンドを叩き分けることが可能だ。ハイハットは一般的なハイハット・スタンドに取り付けるタイプのため、アコースティック・ドラムと変わらない演奏感を実現。上下にも動作し、エッジ/ボウによる音の違いも再現。ビートの要となるバス・ドラムは布製の打面を採用し、自然な踏み心地、耐久性、正確な反応を実現している。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中