「サンダーバード」50周年記念新シリーズ 今秋地上波で放送へ

印刷

   映画はテレビ番組制作、海外テレビ映画の輸入配給などを行う東北新社(東京都港区)は2015年4月21日、精巧な人形を使い、世界的な人気を誇ったテレビシリーズ「サンバード」の誕生50周年を記念して制作された新シリーズの日本での放映権を獲得したと発表した。

  • 1~5号のサンダーバード機と登場人物ら
ITV Studios Limited/Pukeko Picture LP
All copyright in the original Thunderbirds series is owned by ITC Entertainment Group Limited
    1~5号のサンダーバード機と登場人物ら ITV Studios Limited/Pukeko Picture LP All copyright in the original Thunderbirds series is owned by ITC Entertainment Group Limited

新作はCGアニメとミニチュアセットで撮影

   新シリーズは、制作会社の英国ITV Studiosやニュージーランド(NZ)のPukeko Picturesと、映画「アバター」などで特殊メークを担当したWeta Workshopが提携して共同制作した。タイトルは「THUNDERBIRDS ARE GO」。東北新社は同シリーズの日本での放映権、ビデオ化権、商品化権をITV Studios Global Entertainmentから獲得した。

   「サンダーバード」は英国で1965年に放送が開始され、それから半世紀が経過した。日本では翌66年に放送が始まり大人気になった。当時の作品は、登場人物に精巧な人形を使用したスーパーマリオネーションと呼ばれる特撮人形劇だが、新シリーズは、人物とメカをCGアニメーションで、背景の一部はミニチュアセットを組むなどして撮影された。

   新シリーズ「THUNDERBIRDS ARE GO」はアメリカの大富豪、ジェフ・トレーシーによって設立された国際救助隊 (International Rescue Organization)の物語で、トレーシーの5人の息子たちが、世界各地で起こる災害で、最新鋭のメカ「サンダーバード」を駆使して人々を救助する活躍を描く。

   英国では新シリーズの放送が4月4日から始まり、高い視聴率を獲得して話題を呼んでいるという。東北新社は、日本での放送を今秋に地上波で予定しており、それに伴いさまざまな展開を企画している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中