2018年 10月 21日 (日)

プライベートラウンジで快適な移動を VW人気4車種に特別限定車

印刷

   フォルクスワーゲン(VW)グループ ジャパンは2015年4月23日、モデル横断的に特別限定車をラインアップに加えた「Volkswagen "Lounge(ラウンジ)シリーズ"」を全国のVW正規ディーラーで販売開始する。対象のモデルは「Golf(ゴルフ)」、ステーションワゴンタイプの「Golf Variant(ゴルフ・ヴァリアント)」、コンパクトカーの「Polo(ポロ)」、SUVタイプの「Tiguan(ティグアン)」の人気4車種だ。

  • 「くつろぎ」が包みこむ4車種
    「くつろぎ」が包みこむ4車種
  • 「Golf Lounge」
    「Golf Lounge」
  • 「Golf Variant Lounge」
    「Golf Variant Lounge」
  • 「Polo Lounge」
    「Polo Lounge」
  • 「Tiguan Lounge」
    「Tiguan Lounge」

心地よいドライブを演出

   同シリーズのコンセプトは「乗る人をくつろぎで包みこむ空間プライベートラウンジ」。落ち着いた上質な空間と、洗練された都会的装いのVWだ。モダンなチェック柄のLoungeシリーズ専用シートや、光の演出など、細部まで室内空間にこだわった。

   ほかにも、ドアシルプレート、インテリアアンビエントライト/フットウェルランプ(前席)など、心地よいドライブを演出する特別装備を搭載している。

   ベースモデルと比較しても、あまり価格が変わらないのが特徴。車両本体価格(税込)は「Golf Lounge」が309万円、「Golf Variant Lounge」が319万円、「Polo Lounge」が239万9000円、「Tiguan Lounge」が386万8800円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中