「瀬戸内レモン」「小豆島産醤油」を使用した「オリーブ冷麺」

印刷

   香川県小豆島で400年続く手延素麺や、特産のオリーブオイルを使った「食べるオリーブオイル」などを製造する共栄食糧は2015年5月1日、「オリーブ冷麺」を夏季限定で発売する。

   「オリーブ冷麺」は、麺生地にオリーブオイルを練り込んだもの。原材料の小麦粉は、「庄八」の名で知られる小豆島の素麺作りのプロが厳選した小麦を使用。冷麺に合う食感の太さを追求したことで、茹であがりはモチモチとした生麺のような食感を実現した。

   スープには「瀬戸内レモン」と「小豆島産醤油」を使用。瀬戸内レモンがギュッと詰まった、安心安全で爽やかな風味が香る自然の味が楽しめるそうだ。

   価格は650円(税込)。

  • 小豆島の名産品をふんだんに使用
    小豆島の名産品をふんだんに使用
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中