2018年 7月 23日 (月)

2都市の時刻を同時に確認 世界で活躍する男性のための時計「EDIFICE」

印刷

   先端テクノロジーとダイナミックなデザインが融合した、カシオ計算機のメタルウオッチブランド「EDIFICE(エディフィス)」から、2つの都市の時刻を同時に表示できるニューモデルが4月、5月に連続発売される。

  • 上段EQB-510D-1AJF(左)とEQB-510DC-1AJF
下段ECB-500D-1AJF(左)とECB-500DC-1AJF
    上段EQB-510D-1AJF(左)とEQB-510DC-1AJF 下段ECB-500D-1AJF(左)とECB-500DC-1AJF

アプリ上でホームタイムとワールドタイムの入れ替えも

   モバイルリンク機能により、時計の接続ボタンを押すだけでスマートフォンのアプリと接続し、ホームタイムとワールドタイムの2つの都市の時刻を自動修正。また、アプリ上で世界約300都市から簡単にワールドタイムの設定ができる。

   ホームタイムとローカルタイムの2つの都市の時刻を同時表示する「デュアルダイアルワールドタイム」機能は、海外でのビジネスシーンや旅行のときにも便利。

   4月に発売される「EQB-510D-1AJF」(4万円、税別=以下同)と「EQB-510DC-1AJF」(5万円)は、3時の位置にフレームで強調されたインダイアルがあり、背景に世界地図の印刷を施し直感的に時刻が確認できるデザイン。

   5月に発売される「ECB-500D-1AJF」(3万5000円)、「ECB-500DC-1AJF」(4万5000円)は、9時の位置のワールドタイム計。また、12時と6時の位置にも、日付や曜日、ストップウオッチ、アラーム時刻5本、タイマー計測など様々な情報を表示させるデジタルウインドウを配置している。視認性と利便性を向上させた。

   カシオが提供する専用のスマホアプリ「CASIO WATCH+」 も進化。アプリ上でのホームタイムとワールドタイムの入れ替えも可能となり、海外渡航時の利便性がさらに高まった。

   詳細は公式サイトで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中