2018年 7月 20日 (金)

TDSに「アナ雪」エリア 北欧テーマの新ポート開発

印刷

   東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドグループは「2016中期経営計画」(2015年3月期~17年3月期)をめぐり2015年4月28日、TDRの東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS) の今後の開発構想について明らかにした。

  • TDSの「北欧」をテーマにした新ポートのイメージ (C)Disney
    TDSの「北欧」をテーマにした新ポートのイメージ (C)Disney
  • 開発エリア
    開発エリア
  • TDRのファンタジーランド「美女と野獣」をテーマにしたエリアのイメージ(C)Disney
    TDRのファンタジーランド「美女と野獣」をテーマにしたエリアのイメージ(C)Disney
  • TDRのファンタジーランド「ふしぎの国のアリス」をテーマにしたエリアのイメージ (C)Disney
    TDRのファンタジーランド「ふしぎの国のアリス」をテーマにしたエリアのイメージ (C)Disney

TDL「ファンタジーランド」2倍に 「美女と野獣」テーマのエリアなど

   TDLでは、「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトに、ファンタジーランドの面積を約2倍へと拡張する大規模なエリア開発構想を、TDSでは、ロストリバーデルタの南側の拡張用エリアに、8つ目の「新テーマポートの開発」を検討している。

   この日の発表によればTDLの「ファンタジーランドの再開発」では、同ランドが複数のエリアで構成され、その一部をディズニー映画「美女と野獣」「ふしぎの国のアリス」をテーマとする方針。

   また、TDSの「新テーマポートの開発」では、一部のエリアをディズニー映画「アナと雪の女王」の世界をテーマとし、新テーマポートの全体テーマを「北欧」とする方針を決めた。

   いずれのエリアも、TDRオリジナルのアトラクションやレストランなどを導入し、世界で唯一の魅力あふれる新エリアとして開発するという。

   TDL、TDSとも、新構想の「導入時期」は2017年度以降。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中