なんばオリエンタルホテル、大阪伝統芸能の「第32回文楽鑑賞教室」観賞付宿泊プランを提供

印刷

   なんばオリエンタルホテル(大阪市)は、国立文楽劇場「第32回文楽観賞教室」観賞付宿泊プランを、2015年6月5日から18日までの期間限定で販売する。

   文楽鑑賞は初めてという人でも楽しめる「文楽鑑賞教室」。牛若丸と弁慶の出会いの場面である「五条橋」、出演者によるわかりやすい解説「文楽へようこそ」と、近松門左衛門の名作「曽根崎心中」を体感できる。ホテルから劇場までは徒歩5分。プラン内容は文楽観賞教室観賞チケット、文楽公演パンフレット、ホテル2階の旬粋料理「和ぎ」の朝食「おおさかほんわか朝ごはん」のほか、通常午前10時のチェックアウトが午前11時となる。公演は午前の部が午前10時30分から、午後の部が午後2時から。

   1人当たりの料金(税・サービス料込)は、1室2人利用(23平米)で1万1970円~、1室3人利用(32平米)で1万2970円~、1室4人利用(32平米)で1万2220円~。予約は5月10日から3日前まで受け付け。

  • 曽根崎心中
    曽根崎心中
  • 五条橋
    五条橋
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中