2019年 4月 19日 (金)

「亀の子束子」のこだわりを「スポンジ」に 清潔に長く使える

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   亀の子束子西尾商店は、「亀の子スポンジ」を亀の子束子本店やオンラインショップなどで、2015年5月1日から先行販売を始める。

  • シンプルでも高い機能性
    シンプルでも高い機能性

27ミリの厚さを追求

   「亀の子束子」から「亀の子」の名前を受け継いだスポンジ。

   頼りがいがありながらも、腰が強くなりすぎずない27ミリの厚さを追求した。不織巾を張り付けていないため、柔らかく握りやすい。また、スポンジの目を粗くすることで、水切れ、泡切れが良くなった。銀イオンによる抗菌効果もあるので、清潔に長く使える。ホワイト、グレー、イエローの3色展開で、価格は税込324円。

   専用のステンレス製「亀の子スポンジホルダー」も同時に発売される。価格は864円。

   6月より順次取り扱い店舗が拡大されていく予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中