パナソニックからボール型"創風機"「Q」 吸い込んだ空気を高圧化しターボ気流送風

印刷

   パナソニックは、サーキュレーターと扇風機の1台2役を実現した"創風機"「Q(キュー) F-BL25Z」を開発し、2015年5月20日に発売する。価格はオープン。通販サイトでは3万8500円台から4万3700円台で予約を受け付けている。

  • クリスタルレッド
    クリスタルレッド
  • シャンパンゴールド
    シャンパンゴールド
  • パールホワイト
    パールホワイト

サーキュレーターと扇風機の1台2役 暖房時の温度ムラ解消にも

   独自のボール形状デザインを採用。送風方向を選べる「360度フォルム」で使用場所を選ばない。吸気口から吸い込まれた空気を「ターボファン」で高圧化し、高速風の噴出気流として送風する。噴出気流は吹き出し口周辺の空気を誘引することで風量を約7倍まで増幅させ、パワフルで直進的なターボ気流を発生させられる。夏季のほか冬季の暖房使用時も、室内の温度ムラを解消するサーキュレーターとして活用が可能。

   自然に近い風を送る「1/fゆらぎ」機能を搭載。不規則な強弱の風で体温低下を緩和し、長時間風に当たっても疲れにくい設計だという。

   なお、送風は真下には向けられず、方向を変える首振り機能は非搭載。カラーはクリスタルレッド、シャンパンゴールド、パールホワイトの3色。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中