時代変われば品変わる 現代のDMはギャルの出会いツール

印刷

   若者達に人気のツイッターやインスタグラムといった、SNS。知人や友人、またモデル・芸能人の私生活や交流関係を見られることから、ライフスタイルにおいて必要不可欠なツールとして絶大なる人気を博しています。

   また、SNS上でツイートやコメントを通し交流出来るのはもちろんですが、注目すべきは両ツールともDM(ダイレクトメール)機能があることです。

   ダイレクトメールとは送信ユーザーと受信ユーザーにしか見られない非公開メッセージのことで、これまでツイッターでは双方がフォローし合う必要がありましたが、4月(2015年)の仕様変更からフォロー外でもDMが可能に...。

   インスタグラムも同様、フォロー外でも送ることが出来るので、言うならば誰とでもDMを通し交流が可能なのです。(ただし相手が自分のフォロワーではない場合は、送られた相手はDMを受け取るか、受け取らないかを選択することが出来る承認制となる)

   そこで今回grpでは、この「DM」機能に注目。まずSNSで面識がない知らない人からDMを受け取ったことがあるかどうかについてギャル達に聞いてみました。

  • DM、待ってるワ
    DM、待ってるワ

意外な"あるある"

【Q1 SNSで面識のない人からDMを受け取った経験はありますか?】

■ある...74.2%
■ない...25.8%

   このように4人に3人がDMを受け取った結果が明らかとなり、一度も会ったことがない人とDMを通しSNS上で繋がった経験があるようです。

   ツイッターやインスタグラムをしていない人からしてみたら、これだけでも驚きかもしれませんが、調査を行うと、私も含めた周りのアラサーギャル達も同様にDMを受け取った経験があるようで、こちらに関しては"SNSあるある"と言うべきことのようです。

   ただ、"SNSあるある"を経験した筆者でも驚いたのは、次の質問に対しての彼女達の回答です。

【Q2 SNSから始まる恋についてどう思いますか?】

■アリ...64.8%
■ナシ...35.2%

   なんと全体の6割以上がSNSから始まる恋愛について肯定する回答となっており、一昔前で言う『出会いのキッカケがSNSなんて...』といった偏見を持っていないギャルが多いことが分かりました。

   さらに実際にSNSから始まる恋愛を既に経験したギャルもいるようで...。

【Q3 SNSから始まる恋をしたことはありますか?】

■ある...45.5%
■ない...54.5%

   僅差で『ない』が上回るもののその差は僅か9%で、彼女達からしてみたら身近な恋愛の"キッカケ"として受け止められているようです。

合コン行くより手っ取り早い

   最後に、SNSから始まる恋をしたことのあるギャル達にその理由について聞いてみました。

『顔を公開している人も多いからどういう人かも分かるし、会わなくても趣味や嗜好が大体の情報が入る!』(19歳フリーター)
『時代によって恋愛のあり方も変わってきてるんじゃない!? 顔が分からない合コンに行くより、手っ取り早いよ(笑)』(20歳大学生)
『顔、ファッション、趣味、交流関係とか大体の予想がつくからあまり失敗がない! コメント文も読んでどういうノリかもチェック出来るから、そこで性格も分かったりする。会うまではちょっとした妄想も膨らんで楽しくなる!』(19歳ショップ店員)

   このような意見を聞くことが出来、経験済のギャル達にとってSNSは、自身の私生活や交流関係を公開するツールの他、恋愛にも一役買っているようです。

   ただもちろん、リアルに会ったことが故に危険と隣り合わせなのも事実...。恋愛も良いですが、リスクもあることを知った上で楽しんで欲しいものですね。

   にしても、『時代が変われば恋愛のあり方も変わる』とは、まさにこのこと...?

grp編集長・安部舞紗

【grp】 grpとは「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中