2019年 5月 25日 (土)

ピース又吉こんどは俳句と笑いを語る 師匠の俳人と共著「芸人と俳人」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「作家」としての露出が増えている、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん。このほど選考があった「三島由紀夫賞」では残念ながら"僅差"で選に漏れたが、"文筆活動"はなお盛んだ。2015年5月26日には、かねてよりそのもとに弟子入りしていたという俳人・堀本裕樹さんとの共著「芸人と俳人」(集英社)が出版される。同書では、当初「恐ろしい」と思っていた俳句に挑む様子が描かれている。

  • 5月26日発売の「芸人と俳人」
    5月26日発売の「芸人と俳人」

小説家に先駆けて俳人デビューしていた

   純文学のデビュー作品「火花」で注目された又吉さんだが、高校生の頃から俳句や短歌に興味を持ち、その後は「自由律俳句」を作るようになった。09年には放送作家のせきしろさんとの共著で「カキフライが無いなら来なかった」や「まさかジープで来るとは」などの自由律俳句の本を出版しており、小説家デビューより俳人としてのデビューが先だったといえる。

   又吉さんはその後、俳句好きが高じて気鋭の俳人である堀本さんに弟子入り。12年には集英社の月刊文芸誌「すばる」10月号から、堀本さんとのコラム連載「ササる俳句 笑う俳句」をスタートさせている。

   当初は俳句の創作について「恐ろしい」と話していたという又吉さんだが、堀本さんのもとでの2年間"修行" を積み徐々に俳句の面白さに開眼していく。2人の最新刊「芸人と俳人」では、その過程が描かれているほか、20句を超える実作俳句や、書き下ろしエッセイも収録。言葉を生業とする2人の対話を通じて、お笑いと俳句の知られざる共通点が明らかにされていく。

   又吉さんと堀本さんはまもなく、新作俳句などを発表するメールマガジン「夜の秘密結社」を創刊する。申し込み開始は5月20日から。1か月2回配信予定で、月額400円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中