2019年 5月 23日 (木)

原作が上演禁止だったモーツアルトの傑作オペラ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ロッシーニの「セビリアの理髪師」の原作を書いたフランスのボーマルシェ(これはペンネームで、本名はピエール・オーギュスタン=カロンといいます)の他の作品をもとに作られた有名オペラがあります。モーツアルトの「フィガロの結婚」です。フィガロ、というのが劇中のセビリアの理髪師の名前ですから、この物語は連作もので、1作目が「セビリアの理髪師」、2作目が「フィガロの結婚」、そして、3作目「罪ある母」というお芝居も存在します。3作目はフランスの近代の作曲家、ミヨーなどによってオペラ化されています。

  • 「フィガロの結婚」の中の傑作アリアの数々
    「フィガロの結婚」の中の傑作アリアの数々

貴族社会からかうネタ満載の「フィガロ」三部作

   モーツアルトの「フィガロの結婚」は、「セビリア~」がロッシーニの代表作であるように、彼のもっとも成功したオペラのひとつとなりました。彼の活躍した帝国の首都、ウィーンでは、人気が長く持ちませんでしたが、当時は同じハプスブルグ帝国の別の都市であったプラハ―もちろん現在はチェコの首都です―では、「町中の人が『フィガロ』の旋律を歌っている」と招かれたモーツアルトが手紙に書き記すほどの大ヒットとなったのです。

   モーツアルトは、「フィガロの結婚」までに既に数多くのオペラを書いていますから、手慣れた筆遣いで、このオペラを書いています。主要な登場人物それぞれに魅力的なアリアが用意され、「恋とはどんなものかしら」「もう飛ぶまいぞこの蝶々」といったアリアや「そよ風にのせて」と呼ばれる二重唱などは、オペラと離れて単独でも演奏されるぐらいの名曲です。しかし、このオペラは、上演されるかどうかが微妙でした。というのも、原作のボーマルシェの芝居は、帝都ウィーンでは上演禁止だったからです。原作者ボーマルシェはヴェルサイユ宮殿に出入りする身分ではありましたが、平民の出身で、たびたび上級貴族の横暴に悩まされてきました。また、時計職人、ビジネスマン、音楽家、詩人そして劇作家といろいろな顔を持つ多彩な人だったので、どちらかというと当時の貴族社会に批判的で、「フィガロ」三部作には、当時の貴族社会をからかう題材をこれでもかと詰め込んだのです。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でフプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中