2018年 7月 20日 (金)

OKI「ドローン探知システム」空中音響技術で飛来を早期発見

印刷

   沖電気工業(OKI)は、こ空中音響技術を利用して、遠隔制御や自動飛行により飛来する、いわゆる「ドローン」を探知する「ドローン探知システム」を開発し2015年6月1日に販売開始。ドローンの飛行音を分析し、接近を探知するとともに、飛来する方位・仰角、および距離を測定して通知する。

  • 運用のイメージ図
    運用のイメージ図

オプションでカメラを組み込み映像による確認も

   ドローンで大規模集客施設などの安全が脅かされるなど、事故や悪用に対する懸念が強まっており、その探知に関する関心も急速に高まっている。

   OKIは、ドローンが飛行音に着目し、従来から培ってきた空中音響技術をベースに、ドローンの飛行音を複数のマイクロホンで収集して音源位置分析を行い、飛来方位・仰角、および距離をしらせることが可能な「ドローン探知システム」を開発した。

   システムは音響センサー部と操作表示部で構成。探知範囲は音響センサーの設置数と配置場所により広げることができる。また、ネットワークを使った遠隔監視も可能。オプションでカメラを組み込むことにより、監視者は映像による確認も行え、録画もできる。

   標準価格(税別)は300万円(最小構成)から。工事費は別。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中