「未来を変える通貨 ビットコイン改革論」発刊 仕組みから課題までわかる

印刷

   インプレスグループで電子出版事業を手がけるインプレスR&D(東京都千代田区)は2015年6月、「未来を変える通貨 ビットコイン改革論」を発刊した。

   著者の斉藤賢爾氏は「デジタル通貨」「インターネットと社会」の研究者。

   デジタル通貨のひとつであるビットコインは、交換所のMt.Gox(マウントゴックス)社が13年に経営破綻したことで注目を集めたが、その後も技術の理解は進んでいない。

   斉藤氏は独自のモデルでビットコインの仕組みを詳しく解説。第2章以降で技術的特徴、設計思想に触れ、ビットコインが抱える課題に迫る。最後の第4章では、ビットコイン以外のデジタル通貨も紹介しながら、未来の通貨のあり方やデジタル通貨の社会的役割を考察する。

  • デジタル通貨の可能性とは
    デジタル通貨の可能性とは
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中