2018年 11月 18日 (日)

赤外線で操作するバトルロボット玩具「ガガンガン」タカラトミーから

印刷

   タカラトミー(東京都葛飾区)は、ロボット玩具「ガガンガン」を2015年6月20日に、全国の玩具店および直販サイト「タカラトミーモール」などで発売する。価格は4300円(税別)。

  • ブルードーベルとレッドイーグル
    ブルードーベルとレッドイーグル

2体での対戦バトルも楽しめる

   全長約12センチのロボットを赤外線で操作する。「バトロボーグシリーズ」最新作で、アニメや漫画に登場するような「銃撃戦闘ロボット」をイメージ。直感的な操作と高い機動性、本格的なサウンドやLED光線で、白熱のバトルを楽しめる。

   操縦かん型コントローラーを左右に傾けると、機体を左右に旋回させスムーズに前進する。「銃撃トリガー」を引くとサウンドとともに銃が「ブローバック」(高速で前後する動作)し、「銃口レンズ」から緑色のLED光線と赤外線を出して攻撃する。

   2体で遊ぶ対戦バトルでは、攻撃を受けた側は背中部分のダメージランプが赤く光り、合計10あるHP(ヒットポイント)が1つずつ減っていく。10発の銃撃を与えて勝つ「ショットダウン」と、相手に体当たりして転倒させる「ノックダウン」で勝敗が決まる。

   ラインアップはレッドイーグル、ブルードーベルのほか、巨大ロボット「クラタス」の水道橋重工とコラボレーションした「クラタスモデル」2種(4500円・同)も発売する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中